【BQ_0201 / ヨツボシヒナカブト】


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/ 管理:BQ_02(♂個体)
_/ 学名:Branchysiderus quadorimaculata
_/ 和名:ヨツボシヒナカブト
_/ 産地:ペルー ティンゴマリア
_/ 累代:WF1(47mm)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/ 管理:BQ_01(♀個体)
_/ 学名:Branchysiderus quadorimaculata
_/ 和名:ヨツボシヒナカブト
_/ 産地:ペルー ティンゴマリア
_/ 累代:CBF1(33mm)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


先日セットしたヨツボシヒナカブトですが、2週間が経過したので割ってみましたー。

割る前のひっぱり具合はこんな感じ↓



水苔の厚みが大分無くなっていますが、引っ張り具合は正直「イマイチかなー。。。」という印象です(;; ;°;ਊ°;)

が、セットをコンテナに出してほぐして行くと、大小10個程度の産卵床が出てきました(•̀_•́)b

丁寧に圧縮された水苔を解いていくと、ポロ。。。 ポロポロっと、今回も産んでくれていました(๑꒦ິȏ꒦ິ๑)

終わってみると、前回を遥かに凌ぐ34個の卵を採卵する事が出来ました(•̀_•́)b↓


さて、ここまでは順調ですが、今後の孵化率がかなり気になりますねー。

環境差をつけたくなかったので、今回も前回同様、水苔上での管理としました。

2週間後から孵化が始まると思いますので、累代の深さに孵化率が依存するか確かめたいと思います(^_^)b

それと、♀ちゃんなのですが、、、

既に両中跗節と左後ろ足跗節が飛んででおり、満身創痍状態(T_T)

虫だけに、骨を切らせて産卵数を稼いでくれました(๑꒦ິȏ꒦ິ๑)

次回は今回のような産卵数にはまずならないと思いますが、是非もう少し頑張って欲しいものです(๑꒦ິȏ꒦ິ๑)