【オオガタミツノSP / SSP_401】

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/ 学名:Strategus SP
_/ 和名:オオガタミツノSP
_/ 産地:南米◯◯△△
_/ 累代:WF1
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

こちらもパチェコ同様、カブクワ界の重鎮、ご存知4さんとトレードで飛ばして頂いたミツノSPです(≧▽≦)

「和名」を「オオガタミツノSP」としているのは、4さんへの私なりのリスペクトの意でございます(^_^)b

さてさて、こちらも昨年末に我が家に到着してから2回目のマット交換となりますが、流石はオオガタミツノ。既に3令に加齢しており、かなり大きく成長しております(^_^)
幼虫の顎に見間違う事なきStrategusの特徴がぎゃ〜っんと出ておりますね(¬_¬)b

昔々はこんなんや↓


こんなんやら↓


Strategusは6種類ほど飼育していたので、本種の幼虫を見た時には懐かしさを感じましたー。

そしてそして。

本種幼虫の顎、硬いものが好きそうな形状していると思いませんか?

過去に亜種で「ほぼほぼ材飼育」を実施してみた事があるのですが、ランボクなんぞワケなくバラバラにするくらいの穿孔力があります。

また、ケースの蓋をバリバリ齧る癖があり、ポリプロピレン製などの柔らかい容器で飼育しようものなら、3令後期でボロボロにされてしまいます(;; ;°;ਊ°;)

ワンダリングからの脱走癖。

で、ブロー容器で飼育する際も注意した方が良い点が↓


上の蓋の穴では脱走します(´Д` )

下のように小さい穴を複数開けて、タイペストシールを貼るが吉です。

脱走するだけならまだしも、往々にして体の途中で止まってしまい、エラい事になりますので(汗)、これから飼育される予定の方はチェックイットアウトっす。

4さん、こちらもどうもありがとうございます(^_^)

流石は4さん、分かっていらっしゃる♪